TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

隅田川花火大会

隅田川の花火を
東京に嫁いだ次女のマンションから見せてもらうことになり

長女の家族と
東京へ行ってきました。

32階の部屋から見ると
花火が目の高さに見えます。
隅田川花火1
花火の数は第1会場と第2会場合わせて
2万発以上あったそうです。

テレビで生中継もしていたので
解説付きで見れました。

スカイツリーも撮ってみました。
隅田川花火2
となりのビルに第1会場の花火が映っています。

終わってから1時間ほど待って
ホテルに向かいましたが

電車は、大勢の人で
大変に混雑していました。
人・人・人・・・でした。



スポンサーサイト

音楽番組の追加です

先日(7月4日)のブログ(クラシックギターとクラシック音楽)で
ギターがうまくなるためには
いろいろな音楽をたくさん聴くことも必要だと
いうことを書きましたが

今日、生徒さんから
他にも音楽番組があると教えてもらいました。

その番組は
NHK BS103(BSプレミアム)で放送されている
「クラシック倶楽部」という番組です。

月曜~金曜の午前6時から6時55分に
放送されているようです。

番組の案内は
http://www.nhk.or.jp/classic/club/
で確認できます。

是非、見てみてください。

ギターの背あて

夏の間はTシャツで練習するので
どうしても、ギターの裏板が汗でビショーッとなります。

ギターには良くないと前々から思っていて
タオルをはさんで弾いていましたが

以前、友人の生徒で洋服の仕立屋をしているという人が
合皮で作ったというのを見せてもらったのを
思い出したので(これはすばらしいものでした)

真似をして、こんな物を作りました。(家内に作ってもらいました)
ギター背あて1


横板に当る部分には
ずり落ちて来ないように
網々のすべり止めを付けました。
ギター背あて2

裏側は緩衝材を1枚はさんで
汗が通るのを防ぎました。

これはまだ、ハギレで作った試作品ですが
とってもいいみたいです。

ブルーベリーのジャム作り

ブルーベリーをたくさん頂いたので
ジャムを作りました。

まず、ビンを煮沸しました。
ブルーベリー1


煮詰めています。
ブルーベリー2


ビンに詰めて10分煮沸してできあがりです。
ブルーベリー3

ビンを張り切って7つも用意したのに
できたのは3つでした。
(量を勘違いしました)

ブルーベリー 630g
グラニュー糖 220g(今回は、実の35%にしました)
ポッカレモン 大2

ごみステーションが新しくなりました

近所の10軒がごみを出している
ごみステーションが
箱型のネット「カラスいけいけ」というものに変わりました。

ごみステーション

以前は、青いビニールシートを
かけていましたが
扱いにくかったこともあり

また、最近、近くのごみステーションで
箱型のネットを見かけるようになったこともあって

そのネットを調べたところ
「カラスいけいけ」という商品だと
分かりました。

値段は32,500円もするので
10軒の方々に

「市から補助をもらえるようにすると
1軒当り2,300円くらいになりますが
負担してもらえますか」と尋ねたところ

全員の方が賛同してくれました。

早速、補助金申請などの下調べをしてから
自治会に頼んで
補助金を申請することにしました。

まだ、検査は済んでいませんが

交付決定通知書が送られてきたので
早々に注文することになり、
写真のような感じになりました。

我が家のトマト初収穫

今年初めてのトマトを収穫しました。

トマト初収穫

キュウちゃん漬け

キュウリをたくさん頂いたので
キュウちゃん漬けを作りました。

2日かけて、キュウリを2分ずつ煮ているところです
キュウちゃん1


輪切りにして、しぼって!しぼって!しぼったもの
キュウちゃん2


しょうゆ・みりん・酒・酢・しょうがなどで2分間煮ます
明日の朝には食べれます
キュウちゃん3

クラシックギターとクラシック音楽

生徒さんに
クラシックギターを始めようとした
きっかけを聞いてみると
その理由はいろいろありました。

例えば
◆クラシックギターを弾いているのをみて
かっこ良かった

◆旅行先で偶然
クラシックギターを弾いている人に会って
その演奏を聞いた

◆村治佳織さんのCDを聞いて
自分も弾いてみたいと思った・・・などです。

そういう思いがあって
今、教室にレッスンに来られて
頑張って練習されているのだと思います。


ただ、ある程度弾けるようになった
生徒さんの演奏を聞いてみると
より細かい部分が気になってしまいます。

例えば
・音と音がもう少しつながるといいのにな~ とか
・レガート(滑らか)に弾けるといいのにな~
・抑揚がつくといいのにな~
・旋律と伴奏のバランスがよくなるといいのにな~
・セーハの音がきれいに出るといいのにな~
・いい音のイメージを持っているといいのにな~
・自分の音をいつも聴いているといいのにな~
・爪の形をいつも気にしているといいのにな~ などのほか


・倚音の感じが出せるといいのにな~
・和音(響き)の変化が感じられるといいのにな~
・リズムを感じて弾けるといいのにな~・・・などです。

前段の8つは
スケール、スラー、アルペジオ、セーハなどの
技術的な練習(一番効果があるのはスケールだと思います)が必要だと思います。

耳を澄まして・・・
音がつながっているか
バランスは取れているか
鳴っていない音はないか  など
自分の耳でチェックしてほしいと思います。

これらは毎日のエチュードとは別に
練習する必要があります。


後段の3つは
たくさんのクラシック音楽を聞くことが
必要だと思います。

オーケストラやピアノ、ヴァイオリンなど様々な楽器の音楽を
たくさん聞いて
その楽器特有の音色・歌い方・全体の音の響きなどを
イメージできるように
たくさん聴くことだと思います。

主な作曲家は
モーツァルト・ベートーベン・ブラームス・メンデルスゾーン・
シューマン・ショパン・ラベル・ドビュッシー・バッハ・・・などです。

交響曲・ピアノソナタ・ヴァイオリンのソロやコンチェルト・弦楽四重奏などのほか

楽器を挙げると、
フルート・オーボエ・クラリネット・チェロ・トランペット・ホルン・ハープ・・・などです。

これが、実は、一番大事なことだと思っています。

CDなどで聞くほかに
NHK―Eテレの「クラシック音楽館」(日曜夜9時)や
NHK―Eテレの「らららクラシック」(土曜夜9時30分)なども
面白い内容になっています。

その日の演奏者の話を聞くことも
大変興味深く、ギターを練習する上でも
ためになると思っています。

ギターのCDだけ聞いていても
なかなかうまくはなれないのでは、というのが私の思いです。

「趣味でやっているだけだから」と言われる人がいます。
でも、上手になりたいという思いは
みんな同じだと思っています。

水漏れを直した越前焼の花瓶

越前陶芸まつりで買った花瓶が
水漏れしたので

窯元の「妙陶房」に行って

修理用のシリコンを分けていただき
言われたとおりに処理したので

水漏れは完全に直ったのですが

花瓶の花の持ち方

その時、言われたことは

「シリコンは花瓶の下の方だけに流す」
「越前焼の花瓶は息をしているので、絶対、上までは流さないように」
ということでした。

そのとおりに処理したお陰で

ガラスの花瓶に入れた場合と
越前焼の花瓶にいれた場合とでは

「花の持ちが全然!!違う」ということが分かりました。

これには驚きです。

(ガラスの花瓶に入れた花は、昨日、処分しましたが、
越前焼に入れた花は、まだ、シャキーンとしています)

我が家のキュウリ初収穫

今年初めてのキュウリを収穫しました。

<スティックにして食べます>
キュウリ

じゃがいも掘り

家内の母親が作っている
じゃがいもの葉っぱが黄色くなってきて

今が掘り時だというので
今日、雨が降らない間に掘ってきました。

<今日掘った所です>
ジャガイモ1


<今日は、これだけ採れました>
ジャガイモ3