TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年01月
ARCHIVE ≫ 2015年01月
      

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

音を作る

楽器にはいろいろな種類があって
音が出しやすい楽器と
鳴らすのも大変という楽器があります。

ギターは指ではじけば音が出ます。
ピアノも指でたたけば音が出ます。

でもヴァイオリンになると
弓でこすっただけでは
ギーギーという音(雑音)しか出ません。

フルートもただ唇をマウスピースに当てて
吹いただけでは
全く音は出ません。

ヴァイオリンやフルートなどは
音を出すだけでも
相当な訓練が必要な楽器なのです。


ギターの場合を考えますと
指ではじいただけで音は出ますが

クラシックギターで「音楽」を奏でようとすると
引っかいただけの音では万全とはいえません。

いわゆる「タッチ」という問題が生じてきます。

右指は爪の長さや形が関係してきますし
弾く角度、強さ、弾弦のスピードも関係してきます。

初心者の方は、指の動きを
いつも同じ角度、強さ、スピードで
弾けるように練習することが必要だと思います。

左手についても
各指が独立して動かないと
音が切れたり
また 3と4の指は広がらないばっかりに
音が出なかったり
詰まった音になったりしてしまいます。

スラーの練習にも相当時間をかける必要があります。

そして
ある程度練習曲が弾けるようになると
自分の音がこれでいいのかと
思うようになってくると思います。

音そのものに関心を持つようになった証拠です。

巨匠セゴヴィアの音を聞いてみると
いろいろな音で弾いているのが分かります。

大きい音・小さい音・静かな音・張りのある音・
硬い音・柔らかい音・強い音・弱い音・・・・・・・・等々です。


基本的な音は
アルアイレでも
右指をグッと表面板の方に少し押し込んで
弦の反動を利用して
ポンーーと弾くことだと思っています。

楽器の練習はどんな楽器でも
常に高い目標をもってやらないと
なかなかうまくはなれません。

自分は「こんな程度・・・」と思わないで
練習に励むことが大事だと思います。


次のブログも参考にしてみてください。

2014.1.27 右指のタッチについて
スポンサーサイト

スキージャム初すべり

今シーズンのスキージャム勝山の初すべりです。
ジャム1

天気はくもり。
ジャム2

連休明けで
人も少ないかなと思って行ったのですが
・・・予想以上に空いていました。
ジャム3

お昼にファンタジーサイトの
レストランに入りましたが

見かけるのは20歳台(多分 学生)と
60~70歳のおじさん達だけでした。

今年初めてということもあって
ファンタジーを6本
バラエティを1本滑って
早々に帰りました。
ジャム6

スキー場までの法恩寺山有料道路
きれいに除雪されていました
ジャム7

YouTubeにアップした練習曲No.

昨年の暮れから正月にかけて
当教室の教則本の練習曲を
YouTubeにアップしました。

(その1)(その2)が割合と
好評?だったのでしょうか

vol.1をもう一度練習したい
という方もいてうれしく思いました。

1月3日には全曲をアップしましたので
(数曲は抜けてしましました)

生徒さんがYouTubeを参考にしたい時に
その曲が(その1)から(その8)までの
どの動画にあるかを一覧にしてみました。

YouTubeにアップした練習曲No.

雪のかたまり

今朝、家の前の道路を見に行ったら
1メートルもあるような雪のかたまりが
ドーンと置いてありました。

雪のかたまり

夜中に降った雪の除雪作業で
置いていかれたかたまりです。

この雪のかたまりはかたくて
これでは車も出せないと思い
福井市の道路課に電話しました。

同じ福井県でも大野市や勝山市の
除雪の仕方はまるで違って
道路の脇の白線まできれいに除雪してあるのに

福井市の除雪は
いつも
2車線の道路は
1.5車線しか除雪しません。
そのため、車はすれ違いができないのです。

電話してから1時間ほどして
職員が二人
スコップを持ってきました。

車が出せるようによけてほしいと
頼んでおいたのに

「撤去が終わりました」と報告に来たので
「撤去とはいわないでしょ」と言ったら
「くずしておきました」だって・・・。


「今後は気を付けてください」と言って
帰ってもらいましたが

作業の後を見に行ったら
案の定
玄関横に山積みしてあるだけで

結局、車が出せるよう
雪をどけないといけませんでした。

福井市の職員は
全く、悪気もなく、しょうがないでしょ という感じでした。

がっかりしました。