TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

餅作り

今年の餅ができました。

何回作っても
年に1回のことなので
なかなかうまくいきません。

餅作り2

まずは、おろし餅でいただきました。
餅作り1
スポンサーサイト

プラテーロと私

去年の秋ころ
テデスコの「プラテーロと私」が弾きたくなって
練習を始めました。

この曲の楽譜は昔、全曲を揃えていたので
この中の数曲は弾けるようになりたいと思っていました。

プラテロ1

プラテロ2


まずは、第1曲の「プラテーロ」です。

この曲は数10年前から
セゴビアのLPを聞いてきたせいか
楽譜通りの音の並びで弾くと
かえって違和感があったので

結局は、セゴビアが弾いている旋律のとおり
弾くことにして練習を始めました。

でも、曲の最後の部分の運指が分からなくて
何かすっきりしなかったので
この曲の練習を断念していました。


先日、東京の友人がプラテーロを
ある演奏会で弾いていたことを知り

運指について尋ねたところ
快く、プラテーロの運指を送ってくれました。

弾いてみて驚きました。
自然で無駄がないのです。

この曲は、元々はヒメネスの詩に曲を付けたものなので
プラテーロの様子なども想像しながら
運指も考えているらしく

これまで安易な運指で弾いていたことに
大変ショックを受けました。

運指もこだわりを持って
考えていかないといけないと思っていましたが
今更ながらに痛感しました。

最近、はまっていること

最近、気に入って、はまっていることがあります。

ヨーグルトにドライフルーツを混ぜて
半日ほど置いておくと

固かったドライフルーツが
ほどよく柔らかくプヨプヨになって
大変おいしくなります。
(甘さがほしいので、カロリーのない砂糖を少し入れます)

以前、テレビ番組で紹介されていたもので
ドライフルーツのビタミンが摂れて
免疫力がアップする?
と言っていたような気がします。

ヨーグルト

ゆずジャム作り

昨日の冬至の日に
柚子をたくさん頂いたので

お風呂に入れて「ゆず湯」を楽しみ
その残りで「ゆずジャム」を作ることにしました。

果汁を絞り
皮は白いわたを取って千切りにし
取説を参考に3回煮ました。

あとは、今年買いなおした
ジャムも作れるというパン焼き器に入れて
120分待つだけです。

いい具合に出来上がりました。

ゆずジャム

孫が描いたポスター

孫が描いたポスターが
地元の坂井警察署長賞をもらえたというので
展示されている「道の駅さかい」に見に行ってきました。

孫のポスター

セーハの押さえ方

ギターを弾くうえで
むずかしい技術の一つに「セーハ」があります。

ある生徒さんを教えていて
これまでの教え方が少し違っていたことに気付きました。

初めて出てくるセーハは、普通、2弦か3弦までの半セーハです。
それをセーハしようとすると
左1の指は第2関節で曲がって
フレットに沿わずに
斜めになってしまいます。

それでは1弦の音は出なくなってしまうので
左1の指を根元からフレットに沿わせて
まっすぐにするように言ってきました。

実は、それが不自然で
まっすぐにしようとするあまり
1弦当たりの指は逆に
指板から離れそうになってしまうのです。

それで、根元からまっすぐにすることに
こだわりすぎないようにしたところ
自然なセーハの形になったのです。

セーハの音も出やすくなったみたいです。

左指が広がるようになると
もっと楽にセーハができるようになると思います。

白菜のぬか漬け

このところ曇りや雨の日が続いていて
「今年中にはできないな」と思っていたら

今朝はすごくいい天気だったので
「今日しかない!」と思って
白菜を買いに行き
漬けることにしました。

ヴァイス作曲のイ短調組曲

若いころ練習していた曲の一つに
L.S.ヴァイス作曲のイ短調の組曲があります。

当時は、コピー機も少なくて
先生の楽譜を写譜して練習していました。



この曲はヴァイス作曲の曲として、特に大好きな曲でした。

ある日、どこかの楽譜売り場で
印刷された楽譜を見つけた時は
うれしくて思わず買ってしまいました。



その後、しばらくギターを弾かない年が続きましたが

ある時、何かのきっかけでこの組曲が
M.M.ポンセの作曲だと知りました。

その頃のことはよく覚えていませんが
そういう曲がたくさんあるんですね。

去年、友人がJ.L.ゴンザレス編の楽譜を送ってくれていて
久しぶりに弾いてみることにしました。

やっぱり「ヴァイスらしい」ですね。

ミニ発表会

年1回の秋の発表会だけでは
どうしてもあがってしまって

思い通りの演奏ができないということから

少しでも「発表会」に慣れておこうと
「ミニ発表会」(発表会練習会)を行いました。


皆さん、少しでも「あがり」を克服できていればいいのですが・・・。



こんな素敵なお手紙が届きました

今日は、こんな素敵なお手紙が届きました。

中曽根有希さんからです。

初雪
中曽根さんは、FUKUIサムホール美術展に
何年も連続入賞されています。

こんなハガキが届きました

昨日、こんなハガキが届きました。

「OTO NO HA のコンサートありがとうございました!」とあって
大人のためのプラネタリウムで弾いた
ソルの月光のことが
和歌のように書いてあるのです。
和歌はがき

黄色の文字を横にたどっていくと
「やまぎしゆたか様」となっています。

これは何だろう?と思って
ネットで調べてみると

福井の益茂証券の会長の益永さんという方が
ひらがな名前入り和歌はがき」というものを
15年前から始めていて
先日、5万枚に達したということでした。


プラネタリウム演奏会には色々な方が聞きに来られて
「よかった」と思ってくださったことに
改めて感謝したいです。