TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月
ARCHIVE ≫ 2016年02月
      

≪ 前月 |  2016年02月  | 翌月 ≫

5.1サラウンド

10年ほど前に買った
ヤマハの5.1サラウンドシステムです。

NHKのクラシック音楽館などで
オーケストラの演奏があると
スピーカーをテレビの音声から
切り換えて聞いています。

生の音にはなりませんが
ある程度の臨場感は楽しめます。




スポンサーサイト

新しい教則本

現在、当教室の教則本としては
Vol.Ⅰ・Vol.Ⅱを作成して使用しています。

これらを終えると、
市販のカルカッシ25のエチュードと
ソルの32のエチュードを使っていますが
どちらも大変むずかしいエチュードになっています。

技術的なテクニックを習得していかないと
なかなか思うようには弾けないという
エチュードだと思います。


今度の教則本の中では
技術的なレベルアップを図りたいという思いから
・全調スケール(セゴビア編)
・スラー(セゴビア編)
・オクターブの半音階(セゴビア編)
・半音階(タルレガ編)
・3度6度8度(ジュリアーニ作曲)
・右手のための120のエチュードより(ジュリアーニ作曲)
などを載せようと考えています。

また、一般に「名曲集」として市販されているものには
ほとんどがむずかしい曲しか載っていないので
簡単な曲だけを集めてみようとも思っています。

曲を練習していてもある程度弾けないことには
ギターを楽しむこともできません。

結果的に弾けない曲ばかりが
増えることになってしまうからです。

それで、「弾けるようになる曲」を集めてみようと思います。

エチュードには、全音から出版されている
アグアド・カルリ・コストなどもありますが

こういったエチュードばかりをやっても
興味を持って練習できるかどうかです。

練習をしなくても上手くなる方法??

あるといいのですが・・・。

節分

お不動さんにお参りに行って来ました。