TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

クラシックギターとアコースティックギター

最近、高校生と大学生の人が
続けて、ギターの体験レッスンを受けたいと
教室に来られました。

電話では、「クラシックギターの教室ですが、
クラシックギターを習いたいということで間違いないですね」と
念を押して確認しましたが

いざ、教室で改めて話を聞いてみると
「ギター伴奏で歌が歌いたい」
「コードを使ってギターが弾きたい」ということでした。

クラシックギターがいかにマイナーな楽器だということでしょうか。

福井市では一番大きな楽器屋さん「松木屋」にも
壁一面にぶら下がっている
アコースティックギターやエレキギターに紛れて
ガットギターが2~3本しか置いてないのも分かる気がしました。

私が、若かったころのクラシックギターブームは何だったのでしょうか・・・・・。
スポンサーサイト

文部省唱歌「おぼろ月夜」と菜の花

文部省唱歌「おぼろ月夜」の「菜の花畑に・・・」と歌われる「菜の花」は
大好きな「野沢菜」だったということを今になって初めて知りました。
この歌の作詞をした高野辰之の故郷が野沢菜の産地で
野沢温泉村には「おぼろ月夜の館」が建てられているそうです。

【北アルプスと野沢菜の花(長野県安曇野市)】

(ノザワナ ウィキペディアより)

ギター弦 「オーガスチン」

セゴビアが使っていたと言われている
オーガスチンインペリアル ①②③弦
ゴールド ④⑤弦
黒 ⑥弦
を買ってみました。

ギターを始めたころは
高音弦には オーガスチン青
低音弦には サバレス ピンク
を張っていました。

青は音程が悪く
①弦などは何本も張り直した覚えがあります。

最近使い始めたインペリアルは
音程が随分良くなっています。

当分、このセットでやってみようと思っています。


バーベキュー

以前、勤めていた職場の仲間と
バーベキューをしました。

場所は、元上司の山の中にある別宅です。

食べ物には色々な肉やサザエに加えて
奥様手作りのたけのこのきんぴら、ウドの味噌漬け、山菜おこわなど・・・。

仲間とは最近会った人でも8年振りです。
20年近く会わなかった人もいました。

気の合う人ばかりの集まりで、楽しい時間を過ごすことができました。

バーベキュー