TOPクラシックギター ≫ ポジショニング

ポジショニング

ギターを弾くときに注意することの一つに
ポジショニングがあります。

ポジショニングとは
たとえば音階で
1弦のミ・ファ・ソと弾く場合に

ファ→ソと弾くときは
左指の1の指を離さないで3の指を押さえる。

1の指を離さないことで
左指の2・3・4の指が左右にぶれなくなります。

これが「ポジショニング」の基礎となります。


4弦でミ・ファと弾くときも同じです。
左指の2の指は離さないで
3の指を押さえます。

【例】セゴビアのハ長調の音階
セゴビアスケール

5弦の2→4(ド・レ)
4弦の1→2→4(ミ・ファ・ソ)など

同じ弦で上行する場合は
前に押さえた指は離さないで弾きます。

※の箇所は
下行の場合でポジションが変わる場合ですが

3弦シを弾くときに
1の指(ラ)も同時に押さえることが大事です。

そうすることで
ポジションが変わった場合でも

左指を安定させて弾くことができるようになり
そのためミスも少なくなると思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL