TOP ≫ CATEGORY ≫ クラシックギター
CATEGORY ≫ クラシックギター

ヴァイス作曲のイ短調組曲

若いころ練習していた曲の一つに
L.S.ヴァイス作曲のイ短調の組曲があります。

当時は、コピー機も少なくて
先生の楽譜を写譜して練習していました。



この曲はヴァイス作曲の曲として、特に大好きな曲でした。

ある日、どこかの楽譜売り場で
印刷された楽譜を見つけた時は
うれしくて思わず買ってしまいました。



その後、しばらくギターを弾かない年が続きましたが

ある時、何かのきっかけでこの組曲が
M.M.ポンセの作曲だと知りました。

その頃のことはよく覚えていませんが
そういう曲がたくさんあるんですね。

去年、友人がJ.L.ゴンザレス編の楽譜を送ってくれていて
久しぶりに弾いてみることにしました。

やっぱり「ヴァイスらしい」ですね。

ミニ発表会

年1回の秋の発表会だけでは
どうしてもあがってしまって

思い通りの演奏ができないということから

少しでも「発表会」に慣れておこうと
「ミニ発表会」(発表会練習会)を行いました。


皆さん、少しでも「あがり」を克服できていればいいのですが・・・。



こんな素敵なお手紙が届きました

今日は、こんな素敵なお手紙が届きました。

中曽根有希さんからです。

初雪
中曽根さんは、FUKUIサムホール美術展に
何年も連続入賞されています。

こんなハガキが届きました

昨日、こんなハガキが届きました。

「OTO NO HA のコンサートありがとうございました!」とあって
大人のためのプラネタリウムで弾いた
ソルの月光のことが
和歌のように書いてあるのです。
和歌はがき

黄色の文字を横にたどっていくと
「やまぎしゆたか様」となっています。

これは何だろう?と思って
ネットで調べてみると

福井の益茂証券の会長の益永さんという方が
ひらがな名前入り和歌はがき」というものを
15年前から始めていて
先日、5万枚に達したということでした。


プラネタリウム演奏会には色々な方が聞きに来られて
「よかった」と思ってくださったことに
改めて感謝したいです。

大人のためのプラネタリウム演奏会が終わりました

4月ころから練習してきた
大人のためのプラネタリウム演奏会が終わりました。



写真は、お客さんを見送った後に撮ったものですが
「いい演奏でした。よかったです」と
言って帰られる様子を見て一安心しました。

今回の演奏会に誘ってくれた中曽根有希さんには感謝しています。
大変貴重な経験をさせていただきました。

アランフェスを上手に合わせてくれた竹沢友里さんにも感謝です。


プログラム1

プログラム2


今回は2晩続きの演奏会でしたが
1回目より2回目の方が
緊張の度合いが半分ほど少なくなっていたような気がします。
その分、音に集中することができたようです。

12月6日には、
人前で弾く機会を増やそうということで
教室のミニ発表会を開きますが
たくさん「場を踏む」ことは
大事なことなんだなとつくづく思いました。